忍者ブログ
サークルHHAAの運営するまったり同人ブログ。
[622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それをきっと「  」と呼ぶ

6月6日はカシアリ記念日!!!
…でいいよね?いいよね?

というノリとテンションで書いた小話!!
あ、現パロですご注意!

拍手





それをきっと「  」と呼ぶ

20120606.jpg

 特に祝い事があったわけでも、増していい事があったわけでも何でもない。
 ただ何となく店の前を通りかかって、これまた何となく気が向いた、だから買って来た。それだけの話だ。
 帰宅して差し出したケーキの箱に、しかしアリババは大袈裟な程に目を輝かせて喜んだ。
 あまりに嬉しそうな様子を見て、おまえ幾つだ、と思いつつも喜ばれれば悪い気はしない。

「俺レアチーズがいい!」

 二つのケーキを見比べ散々唸りながら迷っていたアリババが言った。
 ぴっと伸ばされた指が示したのは、ブルーベリーの乗ったレアチーズケーキだった。
 宣言したくせに目線でいい? と問うてくるのに思わず苦笑する。

「好きな方食えばいいだろ」

 そもそも買って来たとは言え、別段物凄く食べたかった、というわけでもないのだ。
 何となく店に入って、何となく適当に選んできたものだからどちらであろうと構わない。
 カシムの返答をどう思ったのか、アリババは一瞬黙り込んで。
 その目線が二つのケーキの上を行き来し、またカシムの目に戻って来る。

「……やっぱ半分ずつにしよっぜ」
「どっちも食いたいだけだろお前」
「んだよぉ、両方味わえた方がいいだろ。お得感あって」
「意味分かんねえよ」

 言いながらもアリババはナイフでケーキを切り分けていく。
 ショートケーキの食べ方としてはどうなのかと思うが、アリババがやけに嬉しそうなので好きにさせておくことにした。

「ほい」
「ん」

 半分ずつになったケーキが皿に一つずつ。
 並んだ白と黒はやや不格好ではあったが、食べる分には問題ないだろう。

「……へへ」
「何笑ってんだか」
「いーだろ別に。っつかカシムだって笑ってんじゃん」
「笑ってねえよ」
「笑ってるって」
「しつけえ」 

 軽口を叩き合いながら、ケーキを口に運ぶ。
 甘い。
 同じようにカシムの前でケーキを食べたアリババが、ふっと目を細めた。
 こんな日も、悪くはない。



PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[01/15 ロレックス スーパーコピー]
[01/18 van cleef arpels]
[01/18 imitazione cartier gioielli uomo]
[01/18 falso bracciale oro cartier]
[09/20 van cleef bracelet faux]
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne