忍者ブログ
サークルHHAAの運営するまったり同人ブログ。
[101]  [100]  [99]  [97]  [94]  [92]  [91]  [90]  [89]  [87]  [86

ここにいるよ/ 絵・宇崎、文・金沢

相棒こと宇崎さんにイラストを貰ったんですが。
あまりに萌え滾ったので、やらかしました。
初の試みなのですが、上手くいくことを祈って。
長くなるので折りたたみます。






top.JPG

ここにいるよ


1.JPG
同じものを見れなくても一緒にいられればそれでいいのに。

 震える手で、カシムの頬に触れた。
 カシムは何も言わない。けれど、伸ばした指から逃れる素振りも見せなかった。
2.JPG
 触れられるのに、すぐ傍にいるのに、どうしてだろう。
 どうして、こんなにも遠い気がするんだろう。
 じわりと視界が歪む。泣きたくなんてないのに、涙が零れる。
3.JPG

 目の前にいるのに。
 どうして、ひとりなんだろう。孤独なんだろう。
 二人でいたって、一人でいたって、変わらない孤独が在るなら。
 何故、それでも人は寄り添うんだろう。
 誰かを、求めるんだろう。

 分からなくて、でも手を伸ばさずにはいられなくて。
 触れていても尚拭えない寂寥に、ただ涙を零すけれど。
 なあ、俺は、それでも。
 この手を離せないんだ。

 何か、言わなきゃ。
 思うのに、言葉が出てこない。
 ここにいろよ。どこにも行くなよ。
 それだけでいいのに。ただ、それだけなのに。
4.JPG

「……カシム」

 震える声で名前を呼ぶだけで、精一杯だった。
5.JPG
 俺は多分、ガキの頃からちっとも成長なんてしてなくて。
 上手く言えない、出来ないことばっかりで。
 なあ、でも。
 お前と一緒にいたい気持ちに、嘘なんかないんだ。


center.JPG



6.JPG
告げられない言葉が、今でもここにある。

 震える指が、手のひらが、ぺたりと頬に添えられた。
 暖かな手だった。傷だらけになって、それでも尚。
 俺は、この暖かいものが欲しかったんだろうか。
 どこか穏やかな心地で、そう考えた。
 アリババの緩い涙腺はすでに決壊を始めていて、涙が頬を伝っていた。
 涙が滴になって落ちる様は、痛々しくも見えて。
 それを拭おうと伸ばしかけた手は、けれど途中で止められた。
7.JPG

 触れても、いいのか、と。
 そう思ったら、止まってしまった。
8.JPG
 指を握りしめて、結局触れずに終える。

 涙を拭えない、泣くなよと告げることも出来ない。
 それでも、離れることも選べない。
 泣き濡れていても尚まっすぐな瞳から、目を逸らす。
9.JPG

 お前は、眩しい。
 まっすぐに人を、命を、信じて進んでいく姿は、俺にはどう足掻いても得られなかったもので。
 霧の団に引き込んで、それでも変わらないお前に、俺がどれだけ苛立って、でも安堵していたか。
 お前は、きっと知らないだろう。

 名前を呼んでくる声は、触れる指先同様に震えていた。
10.JPG
 答えてやりたかったけれど、今口を開いたら言わなくてもいいことまで言ってしまいそうで。
 結局は、口を噤むしかなかった。
 涙を拭って、名前を呼んで、抱き寄せて、言ってしまいたいことが、あるけれど。
 言いたい気持ちと同じくらいに、言ってはいけないのだとも、気付いていた。

 なあ、それでも。

 俺は、おまえが。


ca.JPG
 

ありがとうございました!!!>相棒、読者の方
技術さえありゃ動画作りたかったわ。
 

拍手

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[01/18 van cleef arpels]
[01/18 imitazione cartier gioielli uomo]
[01/18 falso bracciale oro cartier]
[09/20 van cleef bracelet faux]
[09/20 imitazione cartier love bracciale]
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne