忍者ブログ
サークルHHAAの運営するまったり同人ブログ。
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127

しろいとり とんだ

私の考えているジャミルさま像。
名称出ませんが……





しろいとり とんだ


 彼は時折、いつもの激昂や不安定さが嘘のように、黙り込むことがある。
 それは大概が彼が一人でいる時だ。
 だから、彼のそんな一面を、様子を見たことのある人間はほとんどいない。
 そうしている時の彼の表情は、どこか無防備で、無垢で、まるで置いて行かれた子供のようなものだった。

「夢を、見た」

 ぽつり、呟く。
 小さな声で、誰に聞かせるでもなく。
 意図して声にしたというより、ほろりと喉から零れたかのような。

「鳥が飛んでいた。小さくて白い、鳥だ。だけど」

 夢の中の様子を思い出す。
 気付けば暗い暗い場所に一人で立っていた。そんな彼の周りを、小さな小さな白い鳥が、無数に羽ばたいていたのだ。
 白い鳥は、泣きたくなる程に美しかった。済んだ声音は、聞いた事もないような美しい音色のようだった。
 けれど。

「鳥は、行ってしまった」

 触れようと彼が伸ばした指の間をすり抜けて、鳥は遠くへ飛んで行ってしまう。
 そうして闇に取り残されて、そこで夢が終わり目が覚めるのだ。
 あの鳥は何を揶揄していて、何故何度も同じ夢を見るのだろう。
 意味があるものだから、幾度も繰り返しているのだろうに。
 その意味が判明したことなど、一度たりとてなかった。

 鳥にはまた、会える日がくるだろうか。
 いつかその意味が分かる日が、くるだろうか。

 考えているうちに、鳥の姿は夜の闇にかき消されてしまった。
 いや、それを消したのが本当に夜だったのかどうかは分からない。
 ただ、消えてしまった。

 それだけの話だ。

fimg_1303393845.png


END


名称が出てませんが、領主さまです。彼の中には白いルフがすごく少なくてもいたんじゃないか、と思ってやまないので。
つーかジャミルさまもアルサーメンの被害者なんですよね…
壊された子供の心のまま成長してしまったひと、というか。
組織に目をつけられる程度には有能であった、という事だとも思いますし。
……白ジャミルとモルジアナの話が書きたい…(需要は?!)
 

拍手

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[01/18 van cleef arpels]
[01/18 imitazione cartier gioielli uomo]
[01/18 falso bracciale oro cartier]
[09/20 van cleef bracelet faux]
[09/20 imitazione cartier love bracciale]
カウンター
アクセス解析

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne